TOP MYACCOUNT お問い合せ リンク 水引について SITEMAP


カート
  • カートの中に
    商品はありません
商品カテゴリー
商品カテゴリー
■水引匂ひ袋
■水引ストラップ
■手作りキット
■水引飾り
おすすめ商品
売れ筋商品
おすすめ商品
会員様専用ページ
お客様の個人情報送信の際には、
SSL(Secure Sockets Layer)
で保護しております。
当店は、(株)paperboy&co.提供
の「Color Me Shop! pro」を
使用しております。
(株)paperboy&co.はベリサイン
社の セキュア・サーバID
(SSLサーバ証明書)

取得しています。
安全にご登録頂けます。
安心してネットショッピングを
お楽しみ下さいませ。



番目のお客様
ご訪問 ありがとうございます。

モバイルショップはこちらから

店長より
店長ブログ

奥野美幸

お気に入りを見つけて頂けますよう に…
ささやかながら 店舗を持ちました。お近くへお越しの際は、お立ち寄り下さいませ。



営業時間
11:00〜18:00
休業日 月曜・火曜
お電話でのご注文も承ります。
075-202-4281
但し 水・木・金・土・日曜 
午後1時から5時までと
させて頂きます
ファックスでも承ります。
FAX注文書はこちらから
カート・FAXでのご注文は 
24時間いつでも受け賜ります。
店舗情報はこちらから

『奥野工務店』
改築・増築・リフォーム
お任せ下さい。
京都市内一円
何処へでもまいります。
良心的な御見積もりで
丁寧なお仕事致します。
お気軽にお問合せ下さい。
京都市南区唐橋花園町36
075-202-4281
075-691-5670

当店はリンクフリーです。
相互リンク宜しくお願いします。
リンク集
簡単相互リンク
Guestpius
相互リンク・SEO相性占いSEO

トラックバックリスト


RSS ATOM



その四 ・ 熨斗について
『熨斗』・・・のしと読みます。
わが国は周囲を海に囲まれ、古くから、特に海の幸(魚貝)を尊ぶ傾向が強く、贈り物には
鮮魚を添え、他の品物を贈る折りにも「ひねり熨斗」と称し、鰹(かつお)・鯣(するめ)等
干した物を小さい紙に包んで添える風習がありました。

熨斗の起源については、室町中期よりつける様になったと言われております。
「他家に品を贈るに、熨斗をつけることは、足利時代に武家の礼を定められしより始まるとぞ」・・・『愚雑俎(ぐざっそ)』

熨斗は鮑(あわび)の肉を長く伸ばしたもので、「長く延ばす」は、延命に通じ、長生不死薬
といわれ、それゆえに、めでたい儀式、武士の出陣、凱旋(がいせん=勝利して故国に帰る)の
折には、祝肴(いわいざかな)として、必ず添えて祝ったものです。

それがのちに、三方にのせて見せるだけのものとなり、さらには現在のような、折りたたんだ
紙の中に小さな干し鮑を差し入れるものと変わりました。また、鮑は希少価値が尊ばれ、珍重
され、慶事の意味を表しています。

棒熨斗輪熨斗


右が棒熨斗、左が輪熨斗と呼ばれるものです。(うまく撮れていませんが)

菓子折りの包み等の右肩にあるのをご覧になったことはないでしょうか?
お中元やお歳暮と書いた、包みの右肩に添えてある紙にもこの熨斗が印刷されています。印刷
されていないのもありますが、右肩に添えるというのは、この熨斗を意味するものなのです。

このページのトップへ
結納飾りへ

前のページへ戻る


           
水引匂ひ袋 | 水引ストラップ | 手作りキット | 水引飾り